2018年09月02日

伝統芸能を訪ねて

鳥海山の裾野には伝統芸能や文化財が沢山あります

今日はにかほ市の小滝金峰神社境内でおこなわれた

第九回鳥海山伝承芸能祭に行ってきました





ここからは舞の写真を順を追って

御宝頭の舞・小滝のチョウクライロ

(長久生容・長く久しく生きる姿・・延命長寿を願う舞)


九舎(クシャ)の舞



荒金(アラガネ)の舞・・・ぴょん・飛んだ



小児(チゴ)の舞



太平楽(タイヘイラク)の舞



祖父祖母の舞



ぬ予(ヌホコ)の舞



閻浮(エンブ)の舞



境内の石垣の上の蝉の抜け殻と生きてる蟻



説明



五月の最終土曜日にはこの土舞台を祓い清める

御宝頭の舞が奉納されるとあります




老若男女が集い伝統を繋いでいくのは大変なご苦労もあるでしょうが

とても素晴らしいものでした

どの舞にも奥深い意味があり子供たちの真剣に舞う姿に

胸が熱くなりました
  

Posted by tan-tan at 17:50Comments(0)