2018年09月24日

お帰りなさい

秋田での墓参を済ませて高速道路を南下

伊豆沼周辺を巡ってきましたよ

マガンが飛来したとのニュース

遠く北から旅をしてきてお疲れ様
そしてお帰りなさい

稲刈りの済んだ田んぼで十羽が
寛いだり落穂を啄んだりしていました

これからは白鳥やヒシクイ等もやってきます

いよいよ冬の季節がやってきますの



方向を変えて遠くから撮りました

疲れてるのに驚かしてはもっけだからのぉ

  

Posted by tan-tan at 17:12Comments(0)鳥など

2018年09月10日

親子

先日、大山の上池ではカンムリカイツブリの

親子の姿が見れました



大きな魚を貰ってるようです





こちらはカイツブリ

奥で寝てるカルガモかな・・・起きろーって言ってます(笑)



起きてくれないのでちょっかいを出しに行きました

カイツブリも三羽の子育てがほぼ完了
お疲れ様  

Posted by tan-tan at 10:18Comments(0)鳥など

2018年08月31日

この子はだぁれだ

鶴岡市大山の上池&下池は色んな鳥たちに出会えます

その中でも楽しませてくれる鳥たちがいるんですよ



このウリボウのようなシマシマ模様は誰でしょうか



親とは似ても似つかないカンムリカイツブリのヒナ

正面顔もどこが目やら模様やら訳が分からない

エイリアンのようです



普通は複数の子育てをするはずですが

一羽しか確認できませんでした

甘え放題です



大きくなるとこんな綺麗な瞳になるのよね

  

Posted by tan-tan at 15:15Comments(0)鳥など

2018年08月29日

水面を歩く

鶴岡市大山の上池は蓮の花が満開

水面は水草で息ができないほどです


左手奥はいい雰囲気なのですが




サギたちは水草の上をバランスを取り乍ら

歩いていました


小魚も見つけれませんねぇ


おっととと

  

Posted by tan-tan at 16:01Comments(0)鳥など

2018年08月07日

お願いします!

セグロセキレイからのお願いです!



  

Posted by tan-tan at 10:01Comments(0)鳥など

2018年08月01日

横断中につき

山道を走行中の事

前方に横断中の家族がおりました

子供は三人・・いや三羽ですね

あちこちの川の水位も下がってますが

ため池も干上がってるところがあります

この家族も左側の300メートルほど先にある

大きなため池に移動中なのかもしれません





よそ見してると置いていかれるよ



待ってぇ・・


手前で停車しフロントガラス越しの写真です

暑い最中のお引越し ハハガモは大変です

無事に着きますように  

Posted by tan-tan at 17:32Comments(0)鳥など

2018年07月22日

親子かと勘違い

tan-tanの自宅の裏山には農免農道が走っております

いつも色んな鳥たちの声がします

方向音痴な老妻に一人では山道にいぐなとじじ。

(・ε・)ムー

反抗期のtan-tanはこっそり行ってきました



山谷ため池がありました

桜の古木も数本あります

水面の水鳥はオシドリのメス



オスのような派手さはありませんが目の周辺からの白線が綺麗ですね



その側をつかず離れず居るのがこの幼鳥です

てっきり親子かと思いましたが

PCの画像を拡大してみたらカイツブリの幼鳥でした


独り立ちして間もないのかな

オシドリの側を離れません

  

Posted by tan-tan at 10:49Comments(0)鳥など

2018年07月13日

頑張ってる

平田地区の田んぼで越冬ではなく越夏してるコハクチョウ

毎年いろんな事情で北帰行出来ない鳥たちが居る

時々姿が見えず心配するがひょっこり現れたりする

頭や首周りが茶色いのは田んぼのあぜ道で草を食べたり

休んでいたりで土で汚れてるせいだろう

白鳥とは言い難いが懸命に生きてる姿に

勝手に平田(ヒラタ)のへいたと名づけ応援してる

もう三ヶ月もすると仲間がやってくるよ ガンバレ



  

Posted by tan-tan at 20:16Comments(0)鳥など

2018年07月11日

巣立ちまでの観察

4月14日に大山公園から山中を上池に歩いていたら

ミサゴの巣を見つけたのが最初でした

距離は20メートルほどでしょうか

雑木の多い中で立派な松のテッペンです



5月の連休に孫と同じルートで行ったら枝葉が茂り巣は確認できたが

ミサゴを撮ることはできず

このしゃしんは5月24日に何とか反対側から確認できないかと

望遠鏡で上池の駐車場のある巣の対岸からやっと見つけたものです

巣の手入れと抱卵してるか孵ったヒナを温めてるメスに

魚を持ってきたオスです



6月10日にはメスの嘴の下に小さなヒナの頭が見えましたがまだ何羽かわかりませんでした




6月18日です。三羽いました

tan-tanが上池に行くたびに同じ方向にカメラを向けてる男性がおられ

ご挨拶すると三羽ですの・・と

例年は二羽なのですよと教えていただきました



オスは餌運びが忙しそうです



全員スクスク育ってるようです



7月9日です

暑い日ですが、巣のある林からおりて水面を走る風は強く

三脚とtan-tanは揺れますが

こんな風は巣立ちに都合がいいかもしれない

巣にはヒナの姿しかありません

耳をすますとピピピピと親の鳴き声が聞こえます

こっちにお出でと巣立ちを促してるようです



真ん中のヒナが飛びました

後方の林に入っていきます



続いて左のヒナも親の鳴き声のする林の方へ巣立ちです



一羽になってしまいました

しばらくあちこち眺めていましたが



羽を広げて飛翔の練習を入念にして



飛んだ・・と思ったら林の方ではなく池の方をぐるっと周り巣に戻りました


この後一時間ほど様子を見ましたが

親の呼びかけにも巣から離れる様子もなく

tan-tanも時間切れで確認できませんでしたが

多分今日は家族全員揃たろうなと思います


この春はムクドリ、モズ、ヒヨドリそしてミサゴの子育てを

見ることができました

みんな一生懸命育んでいてとても感動しながら観察しておりました

もう三ヶ月すると北から白鳥も飛来します

どんな冬鳥たちと会えるのか楽しみです

長い記事を読んでいただきありがとうございましたm(__)m  

Posted by tan-tan at 10:15Comments(0)鳥など

2018年07月10日

あっちぇぐで・・


(゚A゚;)アツー

アオサギも羽をオープン  

Posted by tan-tan at 20:23Comments(0)鳥など